外観-2.gif

動物病院には、さまざまな動物が来院します。


元気でやんちゃな子。まだ外の世界をあまり知らない赤ちゃん。
他の人や動物が苦手な子。
動物病院に嫌な思い出がある子。
老齢で足腰が弱っている子や自分の足で歩くことが困難な子。
はたまた抱っこが大変な大型犬。
そしてもちろん、体調が悪い子。

 ティアラペットクリニックでは、様々なわんちゃんねこちゃんの来院を想定し、できる限り動物と飼い主様に負担が少なく、そして快適な病院になるよう考慮しております。

2010年2月の開院以来、おかげさまでティアラペットクリニックは多くの飼い主様やわんちゃん、ねこちゃんにご来院いただくようになりました。
皆様により快適にお過ごしいただけるよう、ティアラペットクリニックは2013年3月に増改築をし、
ほんのちょっと生まれ変わりました。
__6.jpg

ティアラペットクリニック 7.JPG

受付カウンター
入り口を入って正面に位置する受付カウンターです。
向かって左側にトリミング室、右側に診察室を配しています。

カウンターには、リード用のフックを設置しておりますので、受付の際やお会計の際にご利用ください。

 また、カウンター横のガラスケースには主に当院のトリミング室で使用しているシャンプーや薬用シャンプーを取り揃えております。
 気になる商品がありましたらスタッフにお声をおかけください。

ティアラペットクリニック 5.JPG

待合室1
診察室側の待合スペースです。
奥の棚には、ご自由にお持ちいただけるよう、フード等のサンプルやパンフレット、ペットのための通販カタログ等をご用意しております。

 待合室と診察室の床材にはペットに考慮して開発された、滑りにくくて歩きやすいタイルを使用しております。
 匂いや汚れが付きにくい素材ですので衛生的です。壁紙も同様、匂いや汚れ、傷等が付きにくいペット用のものを使用しております。
 もし粗相をしてしまっても、どうぞ慌てずに、ご遠慮なくスタッフにお声をおかけください。

P4110098.JPG

待合室1
受付側の待合スペースです。
ガラス窓を背に、椅子を一列に配し、動物同士鼻が付き合わないよう配慮しております。
 
 入り口横の棚にはおやつなどの展示をしておりますので、よろしければご覧になってみてください。

P4100088.JPG

待合室2
トリミング室側の待合スペースです。
奥の扉はお手洗いです。

ガラスごしにトリミングの様子をご覧いただくことができます。

 また、診察室からは時に大きなわんちゃんが出入りすることがありますので、デリケートなわんちゃんや猫ちゃんはトリミング室側の待合室でお待ちください。

化粧室-3.gif

お手洗い
外壁と同じガラスモザイクタイルをアクセントに。

ご利用の際は、ペットはご遠慮なくスタッフにお預けください。

P4100075.JPG

トリミングルーム
わんちゃんのシャンプーやカットをする部屋です。

トリミングルームはガラス張りになっており、待合室から中の様子がご覧いただけます。

P4100088.JPG

トリミングルーム
トリミング室内です。右側はドッグバス。左側に見えるのがボックスドライヤーです。

ボックスドライヤーでは、立っていることが困難なわんちゃんやドライヤーでのブローが負担になってしまうわんちゃんを、ケージの中で楽な姿勢でドライングすることができ、ストレスを軽減することができます。

 乾燥室の上には紫外線殺菌器。使用したブラシや器具は衛生面に考慮し、都度殺菌して使用しています。

P4110102.JPG

診察室
電動昇降式の診察台は、高さ38cmまで下げることができ、大きなわんちゃんでも楽に診察台に乗せることができます。わんちゃんにも、そして飼い主様やスタッフにも、負担が少ない設計です。
カウンターのモニターには、時にレントゲン画像や、病状の経過などを映し出し、飼い主様と同じ目線でわかりやすく説明できるよう活用します。

 奥の丸い窓からは、必要なときにいつでもフォローできるよう、スタッフが顔をのぞかせることも。怪しいものではございませんのでどうぞお気になさらずに。

診察室-1.gif

診察室
入り口のドアの幅は90cmのワイドスパン。
万が一のとき、大型犬を抱きかかえたままで診察室に入れるよう考慮しました。

 擦りガラスからは待合室の窓からの明るい光が差し込みます。

P4120015.JPG

検査・処置室
主に処置や検査等を行うスペースです。
右手に並んでいる機器で血液の検査をおこないます。
左にあるのは超音波診断装置です。

奥の入院室へとつながる部屋です。

P4120004.JPG

レントゲン
コンピューターレントゲンを導入しております。
フィルムや現像液が不要となり、環境にも配慮しています。
また、撮りなおしも少なく済み現像時間も短縮されます。細部の拡大も容易ですので、診察室のモニターを通じ、飼い主様によりわかりやすい説明が可能となります。

P4070073.JPG

手術室
手術を行う部屋です。奥に見えるのが麻酔器、及び生体情報モニターです。モニターには心拍数や心電図、呼吸数、血圧、動脈血酸素飽和度、CO2濃度、吸入麻酔薬濃度等の情報が表示され、安全に手術を行います。